の検索結果 :

×

Windowsサーバー上でActive Directoryを構成する

Windowsサーバー上でActive Directoryを構成する


Windows Server で LDAPS をセットアップするためのステップバイステップ ガイド

miniOrange ガイドラインを使用して LDAP に接続し、LDAP サーバーとの安全な接続を確立します。 クライアントとサーバー アプリケーション間の LDAP サーバー接続を保護して、通信を暗号化します。

1. Active Directory ドメイン サービスをインストールする

サーバー マネージャーの役​​割を通じて「Active Directory ドメイン サービス」の役割をインストールします。

    Windows サーバー マシンで、[スタート] -> [スタート] をクリックします。 サーバーマネージャ -> 役割と機能を追加する

    LDAP の役割と機能を追加する
  • 選択後 役割と機能を追加する 次へ.
  • ウィンドウ サーバーの役割と機能に関する LDAP のセットアップ ガイド
  • 選択する 役割ベースまたは機能ベースのインストール オプションをクリックし、をクリックします 次へ
  • ウィンドウサーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - インストール
  • 選択する サーバー プールからサーバーを選択する オプションを選択し、サーバー プールからサーバーを選択して、をクリックします。 次へ
  • ウィンドウ サーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - プール オプション
  • アクティブなものを選択してください ディレクトリドメインサービス 役割のリストからオプションを選択し、 次へ
  • ウィンドウ サーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - ドメイン サービス
  • ソフトウェアの制限をクリック 機能を追加 Active Directory ドメイン サービス ウィンドウに必要な機能を追加します。
  • ウィンドウ サーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - 機能の追加 ウィンドウサーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - LDAP
  • 機能のリストから何も選択せず、 次へ (Comma Separated Values) ボタンをクリックして、各々のジョブ実行の詳細(開始/停止時間、変数値など)のCSVファイルをダウンロードします。
  • Azure AD ユーザーと Joomla の同期 - アプリケーション
  • Active Directory ドメイン サービス (AD DS) で何も選択せず、クリックします。 次へ
  • ウィンドウ サーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - AD DS の選択
  • ソフトウェアの制限をクリック インストールを開始する ボタンをクリックしてインストールを確認します。
  • ウィンドウサーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - インストール
  • 今、 このサーバーをドメイン コントローラーに昇格させる オプションをクリックして 閉じる
  • ウィンドウサーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - サーバー ウィンドウサーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - LDAP サーバー

2. Active Directoryの構成

  • Active Directory を設定するには、次を選択します。 新しいフォレストを追加する そして、入力します。 ルートドメイン名。 詳細を入力したら、 次へ
  • Azure AD ユーザーと Joomla の同期 - ホーム画面
  • 入力する ディレクトリ サービス復元モード (DSRM) のパスワード 、次にをクリックしてください 次へ
  • ウィンドウ サーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - ディレクトリ サービス
  • 何も選択せず、デフォルト設定のままにして、 次へ
  • ウィンドウサーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - デフォルト設定
  • 確認する NetBIOS ドメイン名 とをクリックしてください 次へ
  • ウィンドウ サーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - NetBIOS ドメイン
  • の場所を指定します AD DS データベース、ログ ファイル、SYSVOL そして、 次へ
  • ウィンドウ サーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - AD-Ds-database
  • 選択内容を確認し、 次へ
  • ウィンドウサーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - LDAP サーバー
  • すべての前提条件を確認したら、 インストールを開始する ボタンをクリックして Active Directory ドメイン サービスをインストールします。
  • ウィンドウサーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - 再インストール

3. ユーザーの作成

  • Active Directory にユーザーを作成して、Active Directory にバインドして接続できます。
  • Active Directory にユーザーを作成するには、 をクリックします。 [スタート] -> [サーバー マネージャー] -> [ツール] -> [Active Directory ユーザーとコンピューター].
  • ウィンドウ サーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - Active-Directory
  • [Active Directory ユーザーとコンピュータ] で、 をクリックします。 新しいユーザーを作成する のアイコンをクリックします。
  • ウィンドウ サーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - Active Directory
  • ユーザーの詳細を入力し、 次へ
  • ウィンドウサーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - ユーザーの詳細
  • ユーザーのパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
  • ウィンドウサーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - LDAP サーバー
  • ソフトウェアの制限をクリック 終了 ソフトウェアがインストールされたら。
  • ウィンドウ サーバーでの LDAP ガイドのセットアップ - インストールの完了

24時間7日のアクティブサポート

問題が発生した場合、またはご質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。 joomlasupport@xecurify.com プラグインにいくつかの追加機能を含めたい場合は、当社までご連絡ください。カスタムメイドで対応させていただきます。 また、ご希望であれば、Joomla LDAP プラグインの設定を支援するオンライン ミーティングをスケジュールすることもできます。

こんにちは!

助けが必要? 私たちはここにいます!

サポート
miniOrange サポートにお問い合わせください
成功

お問い合わせありがとうございます。

24 時間以内に当社からのご連絡がない場合は、お気軽にフォローアップ メールを送信してください。 info@xecurify.com