の検索結果 :

×

LDAP / Active Directory を使用して Joomla ログインを構成する

LDAP / Active Directory を使用して Joomla ログインを構成する


  ミニオレンジアクティブ Joomla イントラネット サイトのディレクトリ/LDAP 認証の統合 プラグインを使用すると、Joomla Web サイトにログイン/認証できるようになります。 Active Directory / LDAPサーバー 資格。あなた Active Directory に存在するユーザー属性を Joomla に存在するユーザー プロファイルにマップし、割り当てることもできます。 Active Directory のロール/属性に基づいて、ユーザーに Joomla のロールを割り当てます。

LDAP プラグインのプレミアム バージョンは、Joomla サイトでのユーザーの自動ログインなど、プラグインの機能を強化する多数のアドオンをサポートしています。 Kerberos / NTLM SSO認証 / Windows ログイン アドオン、を使用して LDAP アクティブ ディレクトリから Joomla Web サイトにユーザーをインポートします。 ユーザーをインポートする ジョームラ アドオン、ユーザー パスワードを Joomla から LDAP アクティブ ディレクトリに同期します。 LDAP パスワード同期 アドオン、を使用して Joomla ユーザー属性を LDAP アクティブ ディレクトリに同期します。 ディレクトリ同期アドオン などなど。

詳細については知っています Joomla LDAP / Active Directory統合プラグイン.

前提条件: ダウンロードとインストール

Joomla LDAP / Active Directory 統合プラグインのダウンロードとセットアップ

  • Joomla 用 miniOrange LDAP / Active Directory 統合プラグインの zip ファイルを次の場所からダウンロードします。 (茶事の話はこちらをチェック).
  • Joomla サイトにログインします。 管理者 コンソール。
  • 左側のトグルメニューから、 をクリックします エントルピーをクリックし、「インストール」セクションで「」をクリックします。 拡張機能.
  • ここをクリックしてください ファイルを参照 ボタンをクリックして、前にダウンロードしたプラグイン ファイルを見つけてインストールします。
  • プラグインのインストールが成功したら。 今すぐクリックしてください miniOrange LDAP/Active Directory 統合プラグインの使用を開始する.

Joomla サイトで Active Directory 認証を構成する手順

1. LDAP 構成のセットアップ

  • に行きます LDAPの構成 タブには何も表示されないことに注意してください。
  • ディレクトリ サーバー: ドロップダウンからディレクトリ サーバーを選択します。
  • LDAPサーバーのURL: ディレクトリ サーバー プロトコル (LDAP / LDAPS) を選択します。 落ちる 次に、ディレクトリ サーバーのホスト名または IP アドレスを入力し、ポート番号 (389,636) を選択します。
  • サービスアカウントDN: サービス アカウントのユーザー名を入力します。
  • サービスアカウントのパスワード: サービス アカウントのユーザー名のパスワードを入力します。
  • セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます 試験用接続 ボタンをクリックして、Active Directory/LDAP サーバーに接続します。
  • Joomla LDAP プラグインを構成する
  • Active Directory / LDAP サーバーとの接続が確立されたら、下にスクロールして LDAPユーザーマッピング構成.

LDAP ユーザー マッピング構成:

  • 検索ベース: 検索ベースを入力します。 説明が必要な場合は、 検索ベースをクリックすると、[検索ベースの選択] をクリックして、次から優先検索ベースを選択できます。 リスト。 LDAP の無料バージョンでは、検索ベースを XNUMX つだけ選択できます。ユーザーが次の場所に存在することを許可できます。 プラグインのプレミアム バージョンで自身を認証するためのさまざまな検索ベース。
  • ユーザー名の属性: ドロップダウンから LDAP ユーザー名属性を選択します。 この値は、Joomla サイトにログインする LDAP ユーザーのユーザー名になります。
  • セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます ユーザーマッピングの保存
  • Joomla LDAP プラグインを構成する

テスト認証:

  • 入力する LDAPユーザー名LDAPパスワード 構成された検索ベースに存在する任意の LDAP ユーザーの。
  • セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます テスト構成
  • Joomla LDAP プラグインを構成する

2. 属性マッピングのセットアップ

  • Active Directory/LDAP サーバーへの接続のテストが成功したら、次の手順に進みます。 「属性マッピング」タブ.
  • LDAP ユーザーのユーザー名を入力し、 受信属性を確認する ボタンをクリックして、AD から受信した属性のリストを取得します。
  • Joomla LDAP プラグインを構成する
  • 現在地に最も近い Joomla の属性 あなたのに基づいて Active Directory / LDAP サーバーの属性 とをクリックしてください 属性マッピングの保存
  • Joomla LDAP プラグインを構成する
  • ユーザー プロファイル属性とユーザー フィールド属性の追加は、 プレミアムバージョン 私たちのプラグインの。
  • 属性を正常に構成したら、次の手順に進みます。 「サインオン設定」タブ.

3. サインオン設定をセットアップする

  • LDAP ログインを有効にする: LDAP を使用したログインを有効にするには、チェックボックスをオンにします。 これにより、ユーザーは LDAP 資格情報を使用して Joomla サイトにログインできるようになります。
  • Joomla LDAP プラグインを構成する
  • ユーザーは、LDAP 資格情報を使用して Joomla サイトにログインした後、Joomla データベースに自動登録されます。
  • セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます ログイン設定の保存 ユーザーが LDAP 資格情報を使用してログインできるようにするボタン

4. グループマッピングの設定

  • に行きます グループマッピング タブには何も表示されないことに注意してください。
  • グループ マッピングを有効にする: このチェックボックスをオンにすると、ユーザーが LDAP 認証情報を使用して Joomla サイトにログインすると、デフォルトのロールがユーザーに割り当てられます。
  • 現在地に最も近い デフォルトの役割 Joomla ロールのドロップダウンから失われています。
  • 本サイトの LDAPプレミアムプラグイン Active Directory に基づいて Joomla ユーザー ロールをマッピングできます。 役割。
  • Joomla LDAP プラグインを構成する
  • セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます グループマッピングの保存

5. LDAP を使用して Joomla にログインします 資格

  • プライベート/シークレット ウィンドウを開いて、Joomla サイトのログイン ページに移動します。
  • ユーザーの LDAP 資格情報を入力します。ユーザー名は、選択した LDAP 属性値と一致する必要があることに注意してください。 の ユーザー属性 ドロップダウン。
  • Joomla LDAP プラグインを構成する
  • LDAP ユーザーが Joomla で作成され、登録されたグループ マッピングが割り当てられています。
  • Joomla LDAP プラグインを構成する
  • LDAP ユーザーを使用して Joomla に正常にログインしました。

正常に設定されました イントラネット サイトの LDAP ログイン Joomlaの場合。


その他のリソース


メールでお問い合わせください joomlasupport@xecurify.com お客様の要件に関する迅速なガイダンス(電子メール/会議経由)が必要です。当社のチームは、お客様の要件に応じて最適なソリューション/プランの選択をお手伝いします。

こんにちは!

助けが必要? 私たちはここにいます!

サポート
miniOrange サポートにお問い合わせください
成功

お問い合わせありがとうございます。

24 時間以内に当社からのご連絡がない場合は、お気軽にフォローアップ メールを送信してください。 info@xecurify.com