の検索結果 :

×

Joomla OAuth クライアントと Connect2id シングル サインオン (SSO) の統合


統合 Connect2id シングル サインオン (Connect2id SSO) Joomla を使用して OAuth 2.0 プロトコル。 miniOrange Joomla OAuth / OpenID Connect シングル サインオン (SSO) プラグインにより、セットアップが簡単になります Connect2id SSO Joomlaに導入し、 Joomla への安全なログインを有効にします。 その結果、ユーザーは Connect2id OAuth プロバイダーの資格情報で認証することで Joomla にログインし、サイトにアクセスできます。

私たちの Joomla OAuth クライアント プラグイン 機能の詳細については、ページをご覧ください。 料金プラン 私たちはのために提供します Joomla OAuth シングル サインオン (OAuth および OpenID 接続) プラグイン。

前提条件: ダウンロードとインストール

Joomla OAuth をインストールする手順 クライアントプラグイン

  • ダウンロード の zip ファイル miniOrange OAuth クライアント プラグイン Joomlaの場合。
  • Joomla サイトにログインします。 管理者コンソール.
  • 左側のトグルメニューから、 をクリックします エントルピー、次に インストールを開始する セクションをクリック 拡張.
  • ダウンロードした zip ファイルをアップロードしてインストールします。 Joomla OAuth クライアント プラグイン。
  • プラグインのインストールは成功しました。 今すぐクリックしてください miniOrange OAuth クライアントの使用を開始する プラグイン.
  • OAuth の設定 -> 事前設定されたアプリ タブで、あなたのものを選択してください OAuthプロバイダー。 検索することもできます カスタムOAuth or カスタム OpenID アプリケーション の中に 検索バーを使用して、独自のカスタム プロバイダーを構成します。
  • Joomla OAuth シングル サインオン SSO - OAuth プロバイダーを選択してください

Joomla に OAuth SSO を設定する手順

1. 設定する コールバック/リダイレクト URL

  • OAuth プロバイダーを選択すると、次のページにリダイレクトされます。 ステップ1 [リダイレクトURL] タブ。 今すぐコピーしてください コールバック/リダイレクト URL OAuth サーバーの設定に使用します。 保存して次へ
  • Joomla への OAuth シングル サインオン SSO - リダイレクト URL のコピー
  • に行く https://c2id.net/login そしてサインアップまたはログインします。
  • Joomla への Connect2id シングル サインオン SSO、サインアップ
  • に行く サーバー タブをクリックしてから 新規導入。 名前と地域を入力してクリックします 配備します。 (下の画像を参照)。
  • Joomla への Connect2id シングル サインオン SSO、新しい展開
  • 「クライアント」タブに移動し、「 新規登録 新しいクライアントを作成します。 入力 リダイレクト/コールバック URI コピーされたもの ここから。 付与タイプを選択し、追加のプロパティを入力して、 登録。
  • Joomla への Connect2id シングル サインオン SSO、新しいクライアントの作成

2. クライアント ID を設定し、 秘密

  • このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する 顧客ID および クライアントシークレット が生成されるので、それをコピーして Joomla OAuth クライアント プラグイン設定に保存します。
  • Joomla への Connect2id シングル サインオン SSO、クライアント認証情報
  • 自分に戻って Joomla ダッシュボード。 次に行く コンポーネント.
  • に行きます ステップ2 [クライアントIDとシークレット] Joomla OAuth クライアント プラグインのタブ、ここに貼り付けます 顧客ID, クライアントシークレット および 取得。 クリックします。 設定の保存
  • Joomla への OAuth シングル サインオン SSO - 構成の保存

2.1. スコープとエンドポイント

  • Connect2id エンドポイントとスコープ:
  • 範囲:
    オープンID
    エンドポイントを承認します:
    https://c2id.com/login
    アクセストークンエンドポイント:
    https://[base-server-url]/token
    ユーザー情報の取得エンドポイント:
    https://[base-server-url]/userinfo
    ログアウト後のカスタム リダイレクト URL:[オプション]
    https://c2id.com/logout?id_
    クライアント認証情報を設定します。
    両方 (ヘッダーと本文)

3. 設定する 属性 マッピング

    ユーザー属性マッピングは、ユーザーが Joomla に正常にログインできるようにするために必須です。設定させていただきます 上 以下の設定を使用して Joomla のユーザー プロファイル属性を設定します。

  • に行く ステップ 3 [属性マッピング] タブをクリックして テスト構成
  • Joomla への OAuth シングル サインオン SSO - テスト構成
  • テストで属性を確認できるようになります。 設定出力 次のように。
  • Joomla への OAuth シングル サインオン SSO - 構成出力
  • 今すぐ ステップ 3 [属性マッピング] タブをクリックして属性名を選択します Eメール そして ユーザー名 ドロップダウンから。それから クリック 構成の完了
  • Joomla への OAuth シングル サインオン SSO - 属性マッピング

4. ログイン/SSO URLの設定

  • さあ行く ステップ4 [SSO URL] タブ、ここにコピーします ログイン/SSO URL そしてそれを追加します あなたの 指定された手順に従ってサイトにアクセスします。
  • Joomla への OAuth シングル サインオン SSO - ログイン/SSO URL
  • ここでログアウトし、このリンクを追加した Joomla サイトのページに移動します。 そのボタンを配置した場所にログイン リンクが表示されます。 SSO を実行するには、このボタンをクリックします。

正常に設定されました OAuth クライアントとしての Joomla 達成するために Joomla Connect2id シングル サインオン (SSO) ユーザー認証には Joomla を使用します。


このガイドでは、次のように構成することで、Joomla Connect2id シングル サインオン (SSO) を正常に構成しました。 OAuth プロバイダーとしての Connect2id および OAuth クライアントとしての Joomla このソリューションにより、Connect2id ログイン認証情報を使用して Joomla サイトへの安全なアクセスを数分以内に展開できるようになります。

追加リソース


メールでお問い合わせください joomlasupport@xecurify.com お客様の要件に関する迅速なガイダンス(電子メール/会議経由)が必要です。当社のチームは、お客様の要件に応じて最適なソリューション/プランの選択をお手伝いします。

こんにちは!

助けが必要? 私たちはここにいます!

サポート
miniOrange サポートにお問い合わせください
成功

お問い合わせありがとうございます。

24 時間以内に当社からのご連絡がない場合は、お気軽にフォローアップ メールを送信してください。 info@xecurify.com