の検索結果 :

×

PhenixID を使用した Joomla への SAML シングル サインオン

PhenixID を使用した Joomla への SAML シングル サインオン


miniOrange Joomla SAML SP SSO プラグイン を統合するのに役立ちます Joomlaサイト 〜へ フェニックスID SAML 2.0 プロトコルを使用します。ユーザーフレンドリーなプラグインにより、シングル サインオン (SSO) のセットアップ プロセスが簡素化されます。 フェニックスID Joomla で安全なログイン エクスペリエンスを確保します。これにより、ユーザーは PhenixID IDP 認証情報を使用してさまざまな Joomla サイトに簡単にアクセスできるようになります。

私たちのプラグインは、Joomla 3、4、5 と互換性があるように設計されており、すべての SAML 2.0 準拠のアイデンティティ プロバイダーとシームレスに動作します。 Joomla SAML SP プラグインが提供する包括的な機能の詳細な概要については、当社のページをご覧ください。 (茶事の話はこちらをチェック)。以下では、Joomla サイトと PhenixID の間の SAML SSO ログインの設定に関するステップバイステップのガイドを提供します。 フェニックスID アイデンティティプロバイダー (IDP) として機能し、Joomla はサービスプロバイダー (SP) として機能します。

SSOとは何ですか?


シングルサインオン(SSO) あります 認証 ユーザーが複数のアプリケーションにアクセスできるようにする方法 ワンクリックログイン および 1 セットの資格情報。たとえば、ユーザーは Joomla サイトにログインした後、Joomla サイトのすべてのリソースに自動的にアクセスできます。 SSO の実装には、あるシステムがユーザー認証のために別のシステムを信頼するように構成することが含まれ、ユーザーが各システムに個別にログインする必要がなくなります。ユーザーを認証するシステムは ID プロバイダーと呼ばれます。認証のために ID プロバイダーを信頼するシステムは、サービス プロバイダーと呼ばれます。
この文脈では、ユーザーの認証を担当するシステムはアイデンティティ プロバイダー (IDP) と呼ばれ、認証をアイデンティティ プロバイダーに依存するシステムはサービス プロバイダー (SP) と呼ばれます。ユーザーがログイン試行を開始すると、サービス プロバイダーは SAML リクエストをアイデンティティ プロバイダーに送信します。 IDP 認証が成功すると、ユーザー情報を含む SAML アサーションがサービス プロバイダーに送信されます。その後、サービス プロバイダーはアサーションを受信し、アイデンティティ プロバイダーの構成に基づいてそれを検証し、ユーザーに Joomla Web サイトへのアクセスを許可します。

前提条件: ダウンロードとインストール

PhenixID シングル サインオン (SSO) を Joomla SAML SP と統合する手順

1. Joomla SAML SP プラグインのセットアップ

  • ダウンロード Joomla 用 miniOrange SAML SP プラグインの zip ファイル。
  • Joomla サイトにログインします。 管理者 コンソール。
  • 左側のトグルメニューから、 をクリックします エントルピーをクリックし、「インストール」セクションで「」をクリックします。 拡張機能.
  • 今後はクリック またはファイルを参照します ボタンをクリックして、前にダウンロードしたプラグイン ファイルを見つけてインストールします。
  • コンピュータから SAML SP プラグインをインストールする
  • プラグインのインストールは成功しました。 今すぐクリックしてください はじめよう!
  • miniOrange SAML SP プラグインの使用を開始する
  • に行きます サービスプロバイダーのメタデータ タブをクリックして下にスクロールして、 SPエンティティIDACSのURL.
  • SP-EntityID と ACS URL をコピーします

2.PhenixIDをIdPとして設定する

    ミニオレンジ画像  サービスプロバイダーの追加

    • まずはログインしてください フェニックスID サーバー管理コンソールに資格情報を入力します。
    • MFAデバイスに移動する シナリオ タブをクリックしてから フェデレーション.
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla、管理者ダッシュボードにログインします
    • 左側のペインで下にスクロールし、選択します SAMLメタデータのアップロード をクリックします。入力したコードが正しければ、MFAの設定は正常に完了します + 符号。
    • タブでアプリケーションを入力します 名前 (メタデータ) および 説明 (オプション).
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla にログインし、[メタデータ] タブに進みます
    • SP メタデータをアップロードするには、次の場所に移動します。 サービスプロバイダーのメタデータ miniOrange のタブ WP SAML プラグイン.
    • コピーすることもできます メタデータURL またはアップロードする メタデータ XML プラグインからのファイル。
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla にログインし、SP メタデータをアップロードする
    • 次にクリック 検証して表示する.

    ミニオレンジ画像  ユーザー名とパスワードを設定する

    • 左ペインで、を選択します。 ユーザー名とパスワード.
    • ソフトウェアの制限をクリック + IDP を提供するための署名 NAME および 説明 (オプション) 次にをクリックしてください 次へ.
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla にログインします。名前 説明 設定
    • インターフェイス タブ、選択 新規作成 次に進む 次へ ページで見やすくするために変数を解析したりすることができます。
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixIDを使用してJoomlaにログインし、接続を設定します
    • 必要なものを選択してください 接続タイプ 接続タイプの選択 ドロップダウン。
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla にログインし、接続タイプを設定します。
    • 接続に NAME および 説明 (オプション) クリックして 次へ.
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla にログインし、接続名を指定します。
    • ドライバ タブで、データベースに応じてデータベースドライバーを選択し、次の画面に進みます。
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixIDを使用してJoomla、ドライバーデータベースにログインします
    • 接続の詳細 データベースを入力してください 主催者.
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixIDを使用してJoomla、データベースホストにログインします
    • あなたの〜を入力してください データベース名.
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla にログインし、データベース設定を行う
    • コンソールにデータベース接続が提供されます。 URLを確認してクリックします。 次へ.
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla にログインし、データベース URL
    • Credentials タブでデータベースを入力します ユーザー名とパスワード.
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla にログインし、データベース ユーザー名 パスワード

    ミニオレンジ画像 データベースの設定

    • JDBC検索設定 タブでは、属性のマッピングに必要なデータベース クエリを提供します。
    • 属性が 与えられた名前、メールアドレス、SN クエリで返されるので、クリックします 次へ。
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla にログインし、クエリ設定を行う
    • 今すぐ作成してください エンティティID IDP に合わせて、一意であることを確認してください。
    • また、 SSO URL を投稿する 指定された形式で。
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla にログイン、EntityID SSO URL
    • 次の画面には、 キーストア タブ、あなたは選ぶことができます キーストア 選択することも、デフォルトとして保持することもできます。
    • ソフトウェアの制限をクリック 次へ.
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixIDを使用してJoomla、キーストアにログインします
    • Attributes タブに、 ユーザー識別子属性 追加の属性がある場合はそれを入力し、次の画面に進みます。
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla にログイン、ユーザー識別子属性
    • 以前に設定したSPを選択します デフォルトSP をドロップダウンから選択します。
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla、デフォルト SP にログインします
    • ソフトウェアの制限をクリック 創造する セットアップを完了します。
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixIDを使用してJoomlaにログインし、セットアップを作成します
    • IDP はサイドバーのサブメニューとしてリストされています。 ユーザー名とパスワード。
    • IDP 名を選択し、次の場所に移動します。 アイデンティティプロバイダー タブをクリックして SAML メタデータの表示 メタデータ XML ファイルを保存します。
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixID を使用して Joomla にログインし、SAML データを表示します
    • に切り替える 実行フロー タブ、選択 ユーザーの検索とパスワードの検証.
    • ソフトウェアの制限をクリック 準備済みステートメント実行バルブ そして属性を提供します 与えられた名前、メールアドレス、SN Attributes ボックスをクリックしてクリックします 保存します。
    • Joomla への PhenixID SAML シングル サインオン SSO | PhenixIDを使用してJoomlaにログインし、セットアップします

      正常に設定されました フェニックスID を達成するための SAML IdP (アイデンティティ プロバイダー) として フェニックスID Joomla サイトに SSO ログインします。

3. Joomla をサービスプロバイダーとして構成する

Joomla SAML プラグインで、[サービス プロバイダーのセットアップ] タブに移動します。プラグインを設定するには 3 つの方法があります。

SAML SSO シングル サインオン メタデータ ファイルをアップロードすることで:

  • Joomla SAML プラグインで、次の場所に移動します。 サービスプロバイダーのセットアップ タブをクリックしてから IDPメタデータをアップロードする.
  • IDPメタデータのアップロード

SAML SSO シングル サインオン メタデータ URL 別:

  • 入力します メタデータURL (IDP アプリからコピー) をクリックして、 メタデータのフェッチ.
  • IDPメタデータのアップロード

SAML SSO シングル サインオン 手動構成:

  • コピー SAML エンティティ ID、SAML シングル サインオン エンドポイント URL、および X.509 証明書 フェデレーション メタデータ ドキュメントから取得して貼り付けます IDP エンティティ ID または発行者、シングル サインオン URL、X.509 証明書 プラグイン内のそれぞれのフィールド。
IdP エンティティ ID または発行者
フェデレーション メタデータ ドキュメントの SAML エンティティ ID
シングルサインオンURL
フェデレーション メタデータ ドキュメントの SAML シングル サインオン エンドポイント URL
X.509 証明書の値
フェデレーション メタデータ ドキュメント内の X.509 証明書

    手動設定
  • ソフトウェアの制限をクリック Save ボタンを押して、 テスト構成
  • 設定を保存
  • テスト構成が成功すると、次のウィンドウが表示されます。
  • 構成のテスト
  • おめでとうございます。Joomla SAML サービス プロバイダーが正常に構成されました。

4. 属性マッピング - これはプレミアム機能です。

  • 属性は、アイデンティティ プロバイダーに保存されるユーザーの詳細です。
  • 属性マッピングは、アイデンティティ プロバイダー (IDP) からユーザー属性を取得し、それらを名、姓、住所、電話などの Joomla ユーザー属性にマッピングするのに役立ちます。
  • Joomla サイトにユーザーを自動登録する際、これらの属性は Joomla ユーザーの詳細に自動的にマッピングされます。
  • に行く 属性マッピング タブをクリックしてすべてのフィールドに入力します。
  • ユーザー名:
    IdP からのユーザー名属性の名前 (デフォルトでは NameID を保持します)
    Email:
    IdP からの電子メール属性の名前 (デフォルトでは NameID を保持します)
    お名前:
    IdP からの name 属性の名前

    Joomla SAML 属性マッピング
  • あなたがチェックすることができます テスト構成 以下の結果 サービスプロバイダーのセットアップ タブをクリックして、ここにマッピングする値をよりよく理解します。

5ステップ。 グループマッピング - これはプレミアム機能です。

  • グループ/ロール マッピングは、アイデンティティ プロバイダー (IdP) 内の特定のグループのユーザーに特定のロールを割り当てるのに役立ちます。
  • 自動登録中、ユーザーにはマップ先のグループに基づいてロールが割り当てられます。
  • Joomla SAML SSO グループ マッピング

ステップ 6. リダイレクトと SSO リンク。

  • に行く ログイン設定 タブ。以下の手順に従って、Joomla サイトで SAML SSO を実行するためのログイン URL を追加できます。
  • このタブでは次のような複数の機能を利用できます。 ユーザーを ID プロバイダーに自動リダイレクトします および スーパー ユーザーのバックエンド ログインを有効にする。 これらの機能を使用するには、それぞれのチェックボックスをクリックします。
  • Joomla シングル サインオン SSO SAML SP サインイン設定
  • セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます アップグレード計画 タブをクリックして、機能の完全なリストとさまざまなライセンス プランを確認してください。または、できます ここをクリック 機能とライセンス プランを確認します。
  • プラグインの有料版を購入したい場合は、次のことを行う必要があります。 登録/ログイン 「アカウント設定」タブでご確認ください。または、ここから登録/ログインできます。
  • 何らかの問題に直面している場合、またはご質問がある場合は、プラグインの [サポート] ボタンから質問を送信するか、次のアドレスにメールを送信して、お問い合わせください。 joomlasupport@xecurify.com.

追加リソース。

ビジネストライアル

ビジネストライアルを無料でご希望の場合 こちらをクリック

探しているものが見つからない場合は、下記までお問い合わせください。 joomlasupport@xecurify.com またはでお電話 +1 978 658 9387.

こんにちは!

助けが必要? 私たちはここにいます!

サポート
miniOrange サポートにお問い合わせください
成功

お問い合わせありがとうございます。

24 時間以内に当社からのご連絡がない場合は、お気軽にフォローアップ メールを送信してください。 info@xecurify.com