の検索結果 :

×

Absorb LMS を使用した Joomla への SAML シングル サインオン

Absorb LMS を使用した Joomla への SAML シングル サインオン


miniOrange Joomla SAML SP SSO プラグイン を統合するのに役立ちます Joomlaサイト 〜へ LMSを吸収する SAML 2.0 プロトコルを使用します。ユーザーフレンドリーなプラグインにより、シングル サインオン (SSO) のセットアップ プロセスが簡素化されます。 LMSを吸収する Joomla で安全なログイン エクスペリエンスを確保します。これにより、ユーザーは Absorb LMS IDP 認証情報を使用してさまざまな Joomla サイトに簡単にアクセスできるようになります。

私たちのプラグインは、Joomla 3、4、5 と互換性があるように設計されており、すべての SAML 2.0 準拠のアイデンティティ プロバイダーとシームレスに動作します。 Joomla SAML SP プラグインが提供する包括的な機能の詳細な概要については、当社のページをご覧ください。 (茶事の話はこちらをチェック)。以下に、Joomla サイトと Absorb LMS の間の SAML SSO ログインの構成に関するステップバイステップのガイドを提供します。 LMSを吸収する アイデンティティプロバイダー (IDP) として機能し、Joomla はサービスプロバイダー (SP) として機能します。

SSOとは何ですか?


シングルサインオン(SSO) あります 認証 ユーザーが複数のアプリケーションにアクセスできるようにする方法 ワンクリックログイン および 1 セットの資格情報。たとえば、ユーザーは Joomla サイトにログインした後、Joomla サイトのすべてのリソースに自動的にアクセスできます。 SSO の実装には、あるシステムがユーザー認証のために別のシステムを信頼するように構成することが含まれ、ユーザーが各システムに個別にログインする必要がなくなります。ユーザーを認証するシステムは ID プロバイダーと呼ばれます。認証のために ID プロバイダーを信頼するシステムは、サービス プロバイダーと呼ばれます。
この文脈では、ユーザーの認証を担当するシステムはアイデンティティ プロバイダー (IDP) と呼ばれ、認証をアイデンティティ プロバイダーに依存するシステムはサービス プロバイダー (SP) と呼ばれます。ユーザーがログイン試行を開始すると、サービス プロバイダーは SAML リクエストをアイデンティティ プロバイダーに送信します。 IDP 認証が成功すると、ユーザー情報を含む SAML アサーションがサービス プロバイダーに送信されます。その後、サービス プロバイダーはアサーションを受信し、アイデンティティ プロバイダーの構成に基づいてそれを検証し、ユーザーに Joomla Web サイトへのアクセスを許可します。

前提条件: ダウンロードとインストール

Absorb LMS シングル サインオン (SSO) を Joomla SAML SP と統合する手順

1. Joomla SAML SP プラグインのセットアップ

  • ダウンロード Joomla 用 miniOrange SAML SP プラグインの zip ファイル。
  • Joomla サイトにログインします。 管理者 コンソール。
  • 左側のトグルメニューから、 をクリックします エントルピーをクリックし、「インストール」セクションで「」をクリックします。 拡張機能.
  • 今後はクリック またはファイルを参照します ボタンをクリックして、前にダウンロードしたプラグイン ファイルを見つけてインストールします。
  • コンピュータから SAML SP プラグインをインストールする
  • プラグインのインストールは成功しました。 今すぐクリックしてください はじめよう!
  • miniOrange SAML SP プラグインの使用を開始する
  • に行きます サービスプロバイダーのメタデータ タブをクリックして下にスクロールして、 SPエンティティIDACSのURL.
  • SP-EntityID と ACS URL をコピーします

2. Absorb LMS を IdP として構成する

  • Absorb 管理ポータルにシステム管理者としてログインし、「ポータル設定」に移動します。 「ポータル設定」の右側のメニューに「SSO 設定の管理」というボタンがあります。 このボタンが表示されない場合は、Absorb クライアント サクセス マネージャーに連絡して、機能の有効化について相談してください。
  • LMS SAML シングル サインオン SSO を Joomla に吸収する | Absorb LMS into Joomla を使用してログインし、SSO 設定を管理する
  • クリック Add ページの下部にあります。
  • 今すぐ 名前 フィールドには、選択したわかりやすい接続名を入力できます。 この名前は管理者のみに表示されます。
  • LMS SAML シングル サインオン SSO を Joomla に吸収する | Absorb LMS into Joomla SP を使用してログインし、アウトバウンド設定を開始します
  • 方法 フィールドで SAML を選択します。
  • キーフィールド miniOrange Joomla SAML プラグインから取得できるサービス プロバイダーの証明書を サービスプロバイダーのセットアップ タブには何も表示されないことに注意してください。
  • LMS SAML シングル サインオン SSO を Joomla に吸収する | LMS を Joomla SP 証明書に吸収するを使用してログインする
  • ID プロパティ フィールドでは、Absorb が SAML アサーションの NameID として送信する Absorb ユーザー プロファイル フィールドを選択します。 これは学習者にとって一意の識別子である必要があります。
  • このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する アサーション コンシューマ サービスの URL SAML リクエストを介して吸収するために指定する必要があるため、空白のままにすることができます。 ただし、問題が発生した場合は、miniOrange Joomla SAML プラグインの [サービス プロバイダーのセットアップ] タブから取得できる ACS URL をハードコーディングできます。
  • 署名タイプを SHA1 に設定します。
  • ユーザーデータを含める: このトグルを有効にすることで、SAML レスポンスに加えて、Absorb LMS から Joomla サイトにユーザー データを送信することを選択できます。

    オフの場合: 応答には属性は含まれません。
    オンの場合: Absorb は、次の LMS 属性を AttributeStatement の SAML レスポンスに追加します。
    • ファーストネーム
    • 苗字
    • メールアドレス
    • ユーザーID
    • ユーザー外部 ID
    • 従業員番号
    • 職名
    • 部門ID
    • 部署名
    • 外部部門ID
    • 管理者です
  • LMS SAML シングル サインオン SSO を Joomla に吸収する | Absorb LMS into Joomla を使用したログインにはユーザーデータが含まれます
  • カスタムフィールドを含める: Absorb LMS に存在するカスタム ユーザー フィールドを、SAML レスポンスで返される属性の一部として含めることを選択できます。
    注: このフィールドは次の場合にのみ表示されます。 ユーザーデータを含める オンです。
  • LMS SAML シングル サインオン SSO を Joomla に吸収する | Absorb LMS into Joomla を使用してログインし、カスタムフィールドを含めます

3. Joomla をサービスプロバイダーとして構成する

Joomla SAML プラグインで、[サービス プロバイダーのセットアップ] タブに移動します。プラグインを設定するには 3 つの方法があります。

SAML SSO シングル サインオン メタデータ ファイルをアップロードすることで:

  • Joomla SAML プラグインで、次の場所に移動します。 サービスプロバイダーのセットアップ タブをクリックしてから IDPメタデータをアップロードする.
  • IDPメタデータのアップロード

SAML SSO シングル サインオン メタデータ URL 別:

  • 入力します メタデータURL (IDP アプリからコピー) をクリックして、 メタデータのフェッチ.
  • IDPメタデータのアップロード

SAML SSO シングル サインオン 手動構成:

  • コピー SAML エンティティ ID、SAML シングル サインオン エンドポイント URL、および X.509 証明書 フェデレーション メタデータ ドキュメントから取得して貼り付けます IDP エンティティ ID または発行者、シングル サインオン URL、X.509 証明書 プラグイン内のそれぞれのフィールド。
IdP エンティティ ID または発行者
フェデレーション メタデータ ドキュメントの SAML エンティティ ID
シングルサインオンURL
フェデレーション メタデータ ドキュメントの SAML シングル サインオン エンドポイント URL
X.509 証明書の値
フェデレーション メタデータ ドキュメント内の X.509 証明書

    手動設定
  • ソフトウェアの制限をクリック Save ボタンを押して、 テスト構成
  • 設定を保存
  • テスト構成が成功すると、次のウィンドウが表示されます。
  • 構成のテスト
  • おめでとうございます。Joomla SAML サービス プロバイダーが正常に構成されました。

4. 属性マッピング - これはプレミアム機能です。

  • 属性は、アイデンティティ プロバイダーに保存されるユーザーの詳細です。
  • 属性マッピングは、アイデンティティ プロバイダー (IDP) からユーザー属性を取得し、それらを名、姓、住所、電話などの Joomla ユーザー属性にマッピングするのに役立ちます。
  • Joomla サイトにユーザーを自動登録する際、これらの属性は Joomla ユーザーの詳細に自動的にマッピングされます。
  • に行く 属性マッピング タブをクリックしてすべてのフィールドに入力します。
  • ユーザー名:
    IdP からのユーザー名属性の名前 (デフォルトでは NameID を保持します)
    Email:
    IdP からの電子メール属性の名前 (デフォルトでは NameID を保持します)
    お名前:
    IdP からの name 属性の名前

    Joomla SAML 属性マッピング
  • あなたがチェックすることができます テスト構成 以下の結果 サービスプロバイダーのセットアップ タブをクリックして、ここにマッピングする値をよりよく理解します。

5ステップ。 グループマッピング - これはプレミアム機能です。

  • グループ/ロール マッピングは、アイデンティティ プロバイダー (IdP) 内の特定のグループのユーザーに特定のロールを割り当てるのに役立ちます。
  • 自動登録中、ユーザーにはマップ先のグループに基づいてロールが割り当てられます。
  • Joomla SAML SSO グループ マッピング

ステップ 6. リダイレクトと SSO リンク。

  • に行く ログイン設定 タブ。以下の手順に従って、Joomla サイトで SAML SSO を実行するためのログイン URL を追加できます。
  • このタブでは次のような複数の機能を利用できます。 ユーザーを ID プロバイダーに自動リダイレクトします および スーパー ユーザーのバックエンド ログインを有効にする。 これらの機能を使用するには、それぞれのチェックボックスをクリックします。
  • Joomla シングル サインオン SSO SAML SP サインイン設定
  • セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます アップグレード計画 タブをクリックして、機能の完全なリストとさまざまなライセンス プランを確認してください。または、できます ここをクリック 機能とライセンス プランを確認します。
  • プラグインの有料版を購入したい場合は、次のことを行う必要があります。 登録/ログイン 「アカウント設定」タブでご確認ください。または、ここから登録/ログインできます。
  • 何らかの問題に直面している場合、またはご質問がある場合は、プラグインの [サポート] ボタンから質問を送信するか、次のアドレスにメールを送信して、お問い合わせください。 joomlasupport@xecurify.com.

追加リソース。

ビジネストライアル

ビジネストライアルを無料でご希望の場合 こちらをクリック

探しているものが見つからない場合は、下記までお問い合わせください。 joomlasupport@xecurify.com またはでお電話 +1 978 658 9387.

こんにちは!

助けが必要? 私たちはここにいます!

サポート
miniOrange サポートにお問い合わせください
成功

お問い合わせありがとうございます。

24 時間以内に当社からのご連絡がない場合は、お気軽にフォローアップ メールを送信してください。 info@xecurify.com