の検索結果 :

×

iSpring Learn LMS SAML シングル サインオン (SSO) | Joomla を使用して iSpring Learn LMS SSO にログインする

iSpring Learn LMS SAML シングル サインオン (SSO) | Joomla を使用して iSpring Learn LMS SSO にログインする


Joomla IDP を使用した iSpring でのシングル サインオン iSpring をサービス プロバイダー (SP) として、Joomla を SAML アイデンティティ プロバイダー (IDP) として設定することで、ユーザーは Joomla を使用して iSpring にログインできるようになります。このガイドでは、2 つのプラットフォーム間で SSO を設定するための手順を順を追って説明します。

iSpringとは何ですか?
iSpring は、インタラクティブで魅力的なオンライン コースやプレゼンテーションを作成するために設計された e ラーニング オーサリング ツール スイートです。マルチメディアを駆使したコンテンツ、クイズ、評価、シミュレーションを作成するためのソフトウェア アプリケーションが含まれています。iSpring は PowerPoint と統合されているため、ユーザーはプレゼンテーションをインタラクティブな e ラーニング コースに簡単に変換できます。iSpring の主な機能には、コンテンツ ライブラリ、SCORM および xAPI 準拠、ビデオ ナレーション、モバイル フレンドリーな出力、学習管理システム (LMS) との統合などがあります。iSpring は、教育者、トレーナー、教育設計者によって、さまざまな教育および企業トレーニングの目的で効果的な e ラーニング コンテンツを開発および提供するために使用されています。

前提条件: ダウンロードとインストール

Joomla IDP プラグインをインストールする

  • ダウンロード の zip ファイル miniOrange Joomla IDP プラグイン.
  • Joomla サイトにログインします。 管理者コンソール.
  • 左側のトグルメニューから、 をクリックします エントルピー、次に インストールを開始する セクションをクリック 拡張機能.
  • iSpring SP と Joomla IDP - Joomla 拡張機能
  • ダウンロードした zip ファイルをアップロードしてインストールします。 Joomla IDP プラグイン.
  • iSpring SP with Joomla IDP - zip ファイルをダウンロード
  • プラグインのインストールは成功しました。 今すぐクリックしてください miniOrange SAML IDPプラグインの使用を開始する miniOrange Joomla IDP プラグインを設定します。
  • iSpring SP と Joomla IDP - 始めましょう

Joomla を IDP として使用して iSpring SSO を構成する手順。

1. iSpringをサービスプロバイダーとして設定する

  • に行きます miniOrange Joomla IDP プラグイン、に移動します ID プロバイダー タブには何も表示されないことに注意してください。
  • ここでアイデンティティプロバイダーを見つけることができます メタデータ XML URL/ファイル または、IDP エンティティ ID、SAML ログイン URL、SAML ログアウト URL (プレミアム機能)、SP 構成の証明書などのエンドポイント。以下に示すボタンをクリックして、XML メタデータをダウンロードします。
  • iSpring SP と Joomla IDP - メタデータの設定
  • iSpring Learn LMS ドメインにログインします。 管理者アカウント そしてに行く https://www.ispringsolutions.com/account/login.
  • Joomla を使用して iSpring LMS SSO にログインします。 iSpring LMS SSO と Joomla の統合、管理者アカウント
  • In 接続の設定、フィールドに Joomla からの情報を入力します。
  • 以下の表を参考に値を入力してください。
  • 発行者のURL
    (IDPエンティティID)
    Joomla の IDP メタデータ タブから IDP-EntityID / 発行者を指定します。
    miniOrange プラグイン
    サインオン URL Joomla の IDP メタデータ タブから SAML ログイン URL を指定します。
    miniOrange プラグイン
    ログアウトURL JoomlaのIDPメタデータタブからSAMLログアウトURLを入力します。
    miniOrange プラグイン
    証明書のフィンガープリント 証明書のサムプリントをコピーするには、次の手順に従います。
    1。 開く 証明書 先ほどダウンロードしたものです。
    2。 に行く 詳細 そしてフィールド列で選択します 拇印.
    3. CTRL+C を押して、ペインで開いたサムプリントをコピーします。
    (右クリックは機能しません)。
    4。 貼り付け 拇印 セクションに 証明書のフィンガープリント.
    証明書のフィンガープリントの間にスペースが含まれていないことを確認してください。
    手動で削除してください。

    Joomla を使用して iSpring LMS SSO にログインします。 iSpring LMS SSO と Joomla の統合、拇印証明書
  • ユーザーは自動的に次の場所にリダイレクトできます。 Joomlaログイン 選択してページを開く ユーザーを SSO ログイン ページにリダイレクトします。
  • クリック Save 構成を完了します。

2. Joomla を ID プロバイダーとして構成する

  • さあ行く コンポーネント miniOrange Joomla IDP サービスプロバイダー
  • Joomlaを使用してサービスプロバイダーにログインする
  • に移動します サービスプロバイダー タブをクリックしてフィールドに入力します サービスプロバイダー名, SPエンティティID or 発行者, ACSのURL, 名前 ID 形式サービスプロバイダーの詳細を取得するには、この手順を参照してください。要件に応じて他のフィールドに入力します。 Save.
  • 次の値を入力します。

    サービスプロバイダー名 選択に応じて適切な名前を選択してください。
    SP エンティティ ID または発行者 サービスプロバイダーエンティティID。
    ACSのURL SP アサーション コンシューマ サービスの URL。
    X.509 証明書 (オプション)
    【署名入りリクエストの場合】
    メタデータ ファイルからコピーした証明書の値を貼り付けます。
    名前 ID 形式 urn:oasis:names:tc:SAML:1.1:nameid-format:emailAddress を選択します。
    アサーション署名済み チェック済み。
    Joomla を使用してサービスプロバイダーにログインします。 Joomla SAML シングル サインオン SSO
  • 今後はクリック 高度なマッピング tab.タブ。 Select theを選択 名前ID 属性 クリックして Save ボタン。
  • Joomla を使用してサービスプロバイダーにログインします。 Joomla SAML シングル サインオン SSO

    無事に完了しました miniOrange SAML 2.0 IDP 構成。

3. 属性マッピング (プレミアム機能)

  • miniOrange Joomla IDP プラグイン、に移動します 属性マッピング タブには何も表示されないことに注意してください。
  • ここで設定できるのは、 カスタム属性マッピング そしてさらに追加します ユーザー属性.
  • iSpring SP と Joomla IDP - 属性マッピング

iSpringをサービスプロバイダー、Joomlaをアイデンティティプロバイダーとしてシングルサインオンの設定に成功しました。さらにサポートが必要な場合や、問題が発生した場合は、メールでお問い合わせください。 joomlasupport@xecurify.com

フリートライアル

ビジネス ユースケースが満たされていることを確認するためにプラグインをテストしたい場合は、7 日間のトライアルを提供しています。までメールをお送りください。 joomlasupport@xecurify.com 裁判を請求している。 以下を使用してアカウントを作成できます。 このリンク.

追加のリソース。

こんにちは!

助けが必要? 私たちはここにいます!

サポート
miniOrange サポートにお問い合わせください
成功

お問い合わせありがとうございます。

24 時間以内に当社からのご連絡がない場合は、お気軽にフォローアップ メールを送信してください。 info@xecurify.com