の検索結果 :

×

Joomla を IDP として使用して Zoho にシングル サインオン (SSO) する


Joomla IDP を使用した Zoho でのシングル サインオン Zoho をサービス プロバイダー (SP) として、Joomla を SAML アイデンティティ プロバイダー (IDP) として設定することで、ユーザーは Joomla を使用して Zoho にログインできるようになります。このガイドでは、2 つのプラットフォーム間で SSO を設定するための手順を順を追って説明します。

ゾーホーとは?
Zoho は、売上と収益を促進する方法でデータを作成、管理、整理するのに役立ちます。Zoho の多目的デジタル連絡先帳を使用すると、接続の作成、販売活動の記録、メモの追加、タスクの作成、リードの選別、取引の表示などを行うことができます。

前提条件: ダウンロードとインストール

Joomla IDP プラグインをインストールする

  • ダウンロード の zip ファイル miniOrange Joomla IDP プラグイン.
  • Joomla サイトにログインします。 管理者コンソール.
  • 左側のトグルメニューから、 をクリックします エントルピー、次に インストールを開始する セクションをクリック 拡張機能.
  • Joomla IDP を使用した Zoho SP - Joomla 拡張機能
  • ダウンロードした zip ファイルをアップロードしてインストールします。 Joomla IDP プラグイン.
  • Zoho SP with Joomla IDP - zip ファイルをダウンロード
  • プラグインのインストールは成功しました。 今すぐクリックしてください miniOrange SAML IDPプラグインの使用を開始する miniOrange Joomla IDP プラグインを設定します。
  • Zoho SP と Joomla IDP - 始めましょう

注: SSOを設定するには、Zohoのプレミアムバージョンが必要です。

以下の手順に従って、Zoho の SSO を設定します。

Zoho ドメインを検証します (すでに検証済みの Zoho ドメインをお持ちの場合は、この手順をスキップしてください)

  • Zoho アカウントにログインしてアクセスします Zoho Mail.
  • ソフトウェアの制限をクリック コントロールパネル をクリックして メールとドキュメント.
  • Joomla SAML シングル サインオン SSO、コントロール パネルを使用して Zoho にログインします
  • に行く ドメイン ドメインの追加 そしてドメインを追加します。
  • Joomla SAML シングル サインオン SSO を使用して Zoho にログイン、ドメイン設定 zoho sso ログイン
  • リストで、 検証 ドメインの列を使用して検証します。
  • Joomla SAML シングル サインオン SSO を使用して Zoho にログインし、zoho sso ログインを検証します
  • 開いたページに指定された手順に従い、その後、 確認します ドメインを検証します。
  • Joomla SAMLシングルサインオンSSOを使用してZohoにログインし、「確認」をクリックします

IDP として Joomla を使用して Zoho SSO を構成する手順。

1. Zohoをサービスプロバイダーとして設定する

  • に行きます miniOrange Joomla IDP プラグイン、に移動します ID プロバイダー タブには何も表示されないことに注意してください。
  • ここでアイデンティティプロバイダーを見つけることができます メタデータ XML URL/ファイル または、IDP エンティティ ID、SAML ログイン URL、SAML ログアウト URL (プレミアム機能)、SP 構成の証明書などのエンドポイント。以下に示すボタンをクリックして、XML メタデータをダウンロードします。
  • Zoho SP と Joomla IDP - メタデータの設定
  • 新しいブラウザタブまたはウィンドウを開き、Zoho アカウントにログインします。 Zohoの 管理者権限を持つユーザーとして。
  • MFAデバイスに移動する 組織.
  • 選択 SAML認証 をクリックします。入力したコードが正しければ、MFAの設定は正常に完了します 今すぐセットアップ.

  • Joomla SAML シングル サインオン SSO を使用して Zoho にログインし、IDP 情報を入力します。 zoho sso ログイン

    IDP メタデータのタブ/ウィンドウに戻り、対応するフィールドに情報を入力します。
    サインインURL コピーして貼り付けます SAML ログイン URL.
    サインアウト URL コピーして貼り付けます SAML ログアウト URL.
    アルゴリズム RSA
    X.509証明書 証明書をダウンロードします。 ここにアップロードしてください。
  • ソフトウェアの制限をクリック 構成 SAML シングル サインオン (SSO) 設定を保存します。

  • Joomla SAML シングル サインオン SSO を使用して Zoho にログインし、IDP 情報を入力します。 zoho sso ログイン

  • ソフトウェアの制限をクリック ダウンロード メタデータ ファイルをダウンロードします。このメタデータ ファイルを使用してプラグインを設定できます。

  • Joomla SAML シングル サインオン SSO を使用して Zoho にログインし、sp メタデータをダウンロードします。 zoho sso ログイン

2. Joomla を ID プロバイダーとして構成する

  • さあ行く コンポーネント miniOrange Joomla IDP サービスプロバイダー
  • Joomlaを使用してサービスプロバイダーにログインする
  • に移動します サービスプロバイダー タブをクリックしてフィールドに入力します サービスプロバイダー名, SPエンティティID or 発行者, ACSのURL, 名前 ID 形式サービスプロバイダーの詳細を取得するには、この手順を参照してください。要件に応じて他のフィールドに入力します。 Save.
  • 次の値を入力します。

    サービスプロバイダー名 選択に応じて適切な名前を選択してください。
    SP エンティティ ID または発行者 サービスプロバイダーエンティティID。
    ACSのURL SP アサーション コンシューマ サービスの URL。
    X.509 証明書 (オプション)
    【署名入りリクエストの場合】
    メタデータ ファイルからコピーした証明書の値を貼り付けます。
    名前 ID 形式 urn:oasis:names:tc:SAML:1.1:nameid-format:emailAddress を選択します。
    アサーション署名済み チェック済み。
    Joomla を使用してサービスプロバイダーにログインします。 Joomla SAML シングル サインオン SSO
  • 今後はクリック 高度なマッピング tab.タブ。 Select theを選択 名前ID 属性 クリックして Save ボタン。
  • Joomla を使用してサービスプロバイダーにログインします。 Joomla SAML シングル サインオン SSO

    無事に完了しました miniOrange SAML 2.0 IDP 構成。

3. 属性マッピング (プレミアム機能)

  • miniOrange Joomla IDP プラグイン、に移動します 高度なマッピング タブには何も表示されないことに注意してください。
  • ここで設定できるのは、 カスタム属性マッピング そしてさらに追加します ユーザー属性.
  • Zoho SP と Joomla IDP - 属性マッピング

Zohoをサービスプロバイダー、Joomlaをアイデンティティプロバイダーとしてシングルサインオンの設定が完了しました。さらにサポートが必要な場合や、問題が発生した場合は、メールでお問い合わせください。 joomlasupport@xecurify.com

フリートライアル

ビジネス ユースケースが満たされていることを確認するためにプラグインをテストしたい場合は、7 日間のトライアルを提供しています。までメールをお送りください。 joomlasupport@xecurify.com 裁判を請求している。 以下を使用してアカウントを作成できます。 このリンク.

追加のリソース。

こんにちは!

助けが必要? 私たちはここにいます!

サポート
miniOrange サポートにお問い合わせください
成功

お問い合わせありがとうございます。

24 時間以内に当社からのご連絡がない場合は、お気軽にフォローアップ メールを送信してください。 info@xecurify.com