の検索結果 :

×

PHP SAML SSO ログイン | PHP SAML SSO ログイン バナー

PHP SAML 2.0 コネクタはさまざまな PHP フレームワークをサポートします

PHP-MVC、Kohana、Flight、Li3、Nett、POP PHP、PHP Mini、Silex、Agavi、Prado、Cappuccino、Limonade、Webasyst、Guzzle PHP、YAF、Akelos PHP Framework、Qcodo、evoCore、Stratus、Seagull、Maintainable、Limb 、Phocoa、AjaxAC、Zoop、BlueShoes、Recess、PHPDevShell、Ice Framework、QueryPHP、Dash PHP Framework、Zest Framework、Roducks など。

主な機能

署名付きレスポンスとアサーション

SAML 認証応答メッセージが IDP によってデジタル署名されているかどうかを判断するために署名付き応答とアサーションを構成する


Encryption

SAML アサーションを暗号化するかどうかを選択します。 暗号化により、送信者と受信者だけがアサーションを理解できるようになります

構成可能なSPベースURL

サービス プロバイダーの構成に応じて、カスタム SP ベース URL を指定できます。


SSO 後のアプリケーションへの自動リダイレクト

管理者は、ログイン後にリダイレクト URL として使用されるアプリケーション URL を提供できます。

属性マッピング

ユーザー属性をセッション変数にマップします。これは、アプリケーションのエンドポイントで取得して使用できます。

シングルログアウト

ワンクリックですべてのアプリケーションからログアウトできます

アズールAD

オフィス365

コグニート

Discord

任意の SAML ID プロバイダーを使用して、PHP アプリケーションでシングル サインオン (SSO ログイン) を有効にすることができます。

IdP が見つかりませんか? お上の問い合わせ samlsupport@xecurify.com
SSO をすぐに設定できるようにお手伝いします。

WordPress

WSO2

ミニオレンジ

OneLogin

Salesforce

料金プラン

php sso プレミアム プランのアイコン

ベストプラン

プレミアムプラン



無制限の認証
構成可能な SAML リクエスト バインディング タイプ
署名された応答とアサーション
カスタムアプリケーションURL
構成可能なSPベースURL
自動リダイレクト
事前構成された IDP
属性マッピング
シングルログアウト

料金に関するよくある質問

PHP SAML 2.0 コネクタは年間サブスクリプションですか?

ライセンスはサブスクリプションベースです。 プラグインを継続して使用し、プラグインのアップデートを入手するには、12 か月後にライセンスを更新する必要があります。 までメールでお問い合わせください samlsupport@xecurify.com 任意のクエリに対して。

払い戻しポリシーとは何ですか?

miniOrange では、お客様がご購入に 100% 満足していただけるよう努めております。 購入したプレミアム プラグインが宣伝どおりに動作せず、サポート チームに問題を解決しようとしたが解決できなかった場合。 ご購入後10日以内に全額返金させていただきます。 までメールでお問い合わせください samlsupport@xecurify.com 返品ポリシーに関するご質問がある場合、またはお問い合わせください ここ.

miniOrange は技術サポートを提供していますか?

はい、プラグインの使用中に発生する可能性のあるすべての問題に対して、開発者からの技術サポートを含む 24 時間年中無休のサポートを提供します。 選択したサポート プランに基づいて優先サポートを受けることができます。 さまざまなサポート プランを以下から確認できます。 ここ.

XNUMX つのインスタンスとは何ですか?

ライセンスは PHP インスタンスのドメインにリンクされているため、dev-staging-prod タイプの環境を使用している場合は、プラグインの 3 ライセンスが必要になります (運用前環境には割引が適用されます)。

注: 無制限インスタンスのライセンスを購入すると、最大 200 個のライセンスが付与されます。 さらにライセンスを購入したい場合は、お問い合わせください ここ または次のアドレスにメールをドロップしてください samlsupport@xecurify.com

miniOrange はユーザー データを保存しますか?

miniOrange は、アイデンティティ プロバイダーから PHP に送信されるデータを保存したり転送したりしません。 すべてのデータは社内/サーバー内に残ります。

miniOrange は有料プラグインの開発者ライセンスを提供しますか?

有料プラグインには開発者ライセンスは提供されておらず、ソースコードは保護されています。 miniOrange からの書面による許可なしにコードを変更することは固く禁じられています。 プラグインには、開発者がプラグインの機能を拡張するために使用できるフックが提供されています。

お支払い方法

クレジット カード (American Express、Discover、MasterCard、および Visa) - 支払いがクレジット カード/国際デビット カードで行われた場合、支払いが完了するとライセンスが自動的に作成されます。

wordpress sso の支払い方法

ご連絡ください ここ またはでメールをドロップ samlsupport@xecurify.com 詳しく知る

  銀行送金

ご連絡ください ここ またはでメールをドロップ samlsupport@xecurify.com 銀行の詳細を提供できるように。

説明

miniOrange PHP SAML 2.0 コネクタは SAML サービス プロバイダーとして機能し、コネクタと SAML 対応 ID プロバイダーの間で信頼を確立し、アプリケーションに対してユーザーを安全に認証するように構成できます。
コネクタは、SAML プロトコルを使用して、アイデンティティ プロバイダーと認証および認可データを交換します。

PHP SAML 2.0 コネクタを構成する手順

ミニオレンジ画像 ステップ 1: ドメインにコネクタをダウンロードしてセットアップします。

  • miniOrange PHP SAML 2.0 コネクタをインストールします ( プラグインを入手するには お問い合わせ ).
  • PHP アプリケーションが実行されているのと同じドメインにコネクタをセットアップします。
  • URL https:// を使用してブラウザから SSO コネクタにアクセスします。 /sso
  • 有効な電子メール アドレスとパスワードを入力して、SSO コネクタに登録します。
  • 登録後、登録時に指定した認証情報を使用してダッシュボードにログインします。

ミニオレンジ画像 ステップ 2: ID プロバイダーの詳細を使用してコネクタを構成する

  • In プラグインの設定、アイデンティティ プロバイダーの詳細を使用してプラグインを構成します。

    PHP SAML 2.0 認証コネクタ ID プロバイダーの設定
  • SP ベース URL を設定することも、このオプションをそのままにすることもできます。

    PHP SAML 2.0 認証コネクタ サービスプロバイダーの設定
  • これらを提供する必要があります SPエンティティID & ACSのURL ID プロバイダーの構成時に値を変更します。
  • セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます 送信 ボタンをクリックして設定を保存します。

ミニオレンジ画像 ステップ 3: 構成をテストする

  • 「構成のテスト」ボタンをクリックすると、プラグインが適切に構成されているかどうかをテストできます。
    PHP SAML 2.0 認証コネクタ テスト構成設定。
  • 以下に示すような「テスト成功」画面とユーザーの属性値が表示されます。

    PHP SAML 2.0 認証コネクタ 認証に成功しました。

ミニオレンジ画像 ステップ 4: アプリケーションと連携するようにコネクタをセットアップする

SSO テストが成功したら、ログイン後にユーザーがリダイレクトされるアプリケーション URL を指定できます。
  • これを行うには、をクリックします セットアップ方法 SSO コネクタのメニュー。
  • 「アプリケーション URL」というオプションを探し、アプリケーションの URL (ユーザーがログイン後にリダイレクトする場所) を指定します。
  • 注意: アプリケーション URL のドメインと、miniOrange PHP SAML 2.0 コネクタをセットアップしたドメインは同じである必要があります。
  • このアプリケーション エンドポイントでは、SSO コネクタによって設定されたセッション属性を読み取り、それを使用してユーザーをアプリケーションにログインする必要があります。
    if(session_status() === PHP_SESSION_NONE)
    {
    session_start();
    }
    $email = $_SESSION['email'];
    $username = $_SESSION['username'];
    // Use $email and $username variables to find user in your PHP application and start session for the user.
    

    これらの変数には、マップされた属性値が含まれます。 上記のコードを使用してこれらの値を受け取った後、アプリケーションで $email 変数と $username 変数を使用できます。
  • プラグインが構成されたので、アプリケーションで使用する準備が整いました。
    SSO を実行するアプリケーション内のリンクとして次の URL を使用します。
    http://<your-domain>/sso/login.php"

    たとえば、次のように使用できます。
    /sso/login.php">ログイン
    ユーザーは、 ログイン




シングル サインオン、二要素認証、不正行為防止などのセキュリティ ソリューションを提供します。

に電話してください +1978 658 9387 (米国)、+91 97178 45846 (インド)、またはに私達に電子メールを送る samlsupport@xecurify.com


こんにちは!

助けが必要? 私たちはここにいます!

サポート
miniOrange サポートにお問い合わせください
成功

お問い合わせありがとうございます。

24 時間以内に当社からのご連絡がない場合は、お気軽にフォローアップ メールを送信してください。 info@xecurify.com