の検索結果 :

×

Salesforce ワークフロー オートメーションを使用して Salesforce から WordPress (WP) にデータを同期する (リアルタイム同期)

Salesforce ワークフロー オートメーションを使用して Salesforce から WordPress (WP) にデータを同期する (リアルタイム同期)


Salesforce の WordPress へのリアルタイムデータ同期 私たちのを使用して達成できます Salesforce のオブジェクト データ同期 プラグイン。 私たちのプラグインを使用すると、WordPress サイトが Salesforce からリアルタイムでデータを受信し、適切な WordPress オブジェクトに保存できるようになります。 Salesforce Flows 自動化機能を利用して、Salesforce で作成または更新されるとすぐに WordPress サイトにデータを送信します。 Salesforce Flows では、データが送信される前に満たすべき特定の基準/条件を追加することもできます。これによりデータのフィルタリングが可能になり、必要なデータのみが WordPress サイトに送信されるようにすることができます。 リアルタイム同期を使用してデータを常に同期させることで、データのライフ ステージを正確に維持できます。

ここでは、設定するためのマニュアルを実行します Salesforce から WordPress へのリアルタイムのオブジェクト同期。

前提条件: ダウンロードとインストール

設定するには WordPress Salesforce 同期の統合 WordPress を使用する場合は、Object Data Sync for Salesforce プラグインをインストールする必要があります。

WordPress Salesforce オブジェクトの同期 | Salesforce オブジェクトを WordPress と双方向で同期します。 リアルタイム同期、スケジュールされた同期、ワークフロー自動化による Salesforce 同期、WordPress から Salesforce へのリードの同期、Salesforce ACF/CPT UI 統合などを有効にします。

WordPress Salesforce Object Sync と他の環境およびアプリケーションとのシームレスな統合

Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | Salesforceとの統合

WordPress、Drupal、Joomla、その他のサードパーティ アプリを Salesforce と統合して、シームレスな SSO とオブジェクト / データの同期を実現します。

1. WordPress でワークフロー統合を構成する

  • プラグインを Salesforce に接続するには、次のようにします。 最初の一歩 与えられたマニュアルより。
  • 完了したら、以下の手順に従って設定してください。 WordPress への Salesforce ワークフローの統合.
  • に移動します オブジェクトマッピング プラグインのタブをクリックし、 オブジェクトマッピングの追加.
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | WP オブジェクト Salesforce Sync - オブジェクト マッピング
  • 新しく開いた「オブジェクト マッピング」タブに次の値を入力します。 Salesforce 用オブジェクト データ同期プラグイン
  • Salesforceオブジェクト Salesforce オブジェクトを選択します
    注意: これは、データを同期する Salesforce オブジェクトです。
    WordPress オブジェクト WordPress オブジェクトを選択してください
    Salesforce から WordPress に同期チェックボックス Salesforce から WP への同期を有​​効にする
    Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | マッピング設定
  • 「フィールド マッピング」というタイトルのセクションでフィールド マッピングを作成します。 WordPress フィールドを Salesforce フィールドにマッピングします。

注意: Salesforce から同期するすべてのフィールドを必ずマッピングしてください。 をクリックしてください オブジェクトマッピングの保存

    Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | オブジェクト属性のマッピング
  • 設定後、 Salesforce と WordPress の同期、下 オブジェクトマッピング タブで「Real Time Salesforce to WordPress Sync」まで下にスクロールし、送信 URL をコピーします。
    Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | アウトバウンドメッセージのリダイレクト URI

2. Salesforce でフローを構成する

  • Salesforce ログインページに移動します https://login.salesforce.com としてログインします 管理者.
  • Salesforce のホーム画面が表示されます。
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | ホーム画面
  • プラットフォームツール に移動します プロセスオートメーション、その下に見つかります アウトバウンドメッセージ.
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | プロセスオートメーションのアウトバウンドメッセージ
  • 開いたウィンドウで、 新しいアウトバウンドメッセージ ボタンをクリックして、新しい送信メッセージを設定します。
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | 新しいアウトバウンドメッセージ
  • さて、ステップ 1 です オブジェクトを選択、レコードを同期する Salesforce オブジェクトを選択します
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | アウトバウンドメッセージ Salesforce オブジェクト
    お名前 任意の名前を入力してください.
    エンドポイント URL を貼り付けてください エンドポイント URL プラグインの「オブジェクト マッピング」タブからコピー
    送信するアカウントフィールド WordPress と同期したいフィールドを選択します

    注: WordPress サイトがフォームベースの基本認証で保護されている場合は、Salesforce で設定された送信エンドポイント URL を指定された形式に従って更新する必要があります。 https://form_based_auth_username:form_based_auth_password@rest_of_outbound_url_as_provided_in_WorkFlow_Integration_tab.
    例: https://管理者:abc2023@trabulant.wpengine.com/?method=soap&action=store&mappinglabel=Salesforce+イベント&accesskey=1652677f44ed1d96

  • さて、ステップ 2 です アウトバウンドメッセージの構成, [名前] に、任意の名前を入力します。 デフォルトでは、一意の名前は名前と同じに設定されます。 プラグインから生成された送信メッセージのリダイレクト URI を、対応するフィールドに貼り付けます。 エンドポイント URL利用可能なフィールドから WordPress と同期するカスタム オブジェクト フィールドを選択し、追加します。 「保存」をクリックします。 これでアウトバウンドメッセージが作成されました。
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | アウトバウンドメッセージの構成
  • 左側のナビゲーション セクションの [クイック検索] で、次を検索します。 Flow。 見出しの下にある「フロー」オプションをクリックします。 プロセスオートメーション 開いたウィンドウで、 新しい流れ オプションを選択します。
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | プロセスオートメーションの流れ
  • 新しいページに、という名前のダイアログ ボックスが表示されます。 新しいフロー が開かれるので選択します レコードトリガーフロー オプションを選択してクリックします 創造する
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | トリガーされたフローの記録
  • という名前の新しいダイアログ ボックスで、 開始の設定, データを WordPress に同期する Salesforce オブジェクトを選択します。 以下の画像では、例として Lead を選択しています。
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | フローの Salesforce オブジェクトを選択します
  • をセットする トリガー条件の設定 〜へ レコードが作成または更新される 次のように:
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | トリガー条件の追加
  • 見出しの下 フローを最適化する 、タイトルのボックスを選択します アクションと関連記録。 次に、次のように「完了」をクリックします。
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | 行動および関連記録
  • 以下のスクリーンショットに示すようにプラス アイコンをクリックしてアクションを選択します。
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | フローにアクションを追加する
  • 見出しの下 相互作用、オプションを選択 Action
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | インタラクションからアクションを追加
  • という名前の新しいダイアログ ボックス 新規アクション が開かれます。 サイドバーの「すべてに対応するアクション」というタイトルの検索バーで、同期を実行するために作成した送信メッセージを検索します。 この例では、「Lead SF WP」という名前の作成済みの送信メッセージを選択しています。
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | アウトバウンドメッセージを選択してください
  • (たとえば) 以下に示すように、アクションにラベル名を付けます。デフォルトでは、API 名には、指定したラベル名と同じ名前が入力されます。 クリック クリックします 名前を設定したら。
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | アクションに名前を付ける
  • セットアップボタンをクリックすると、セットアップが開始されます [保存]ボタンを 下の図に示すように、右上隅にあります。
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | 保存フロー
  • あなたのフローを何でも与えてください フローラベル テキストフィールドに任意の名前を入力します。 また、 フローAPI デフォルトでは、指定されたフローラベルと同じ名前が設定されます。 Save.
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | フローに名前を付ける
  • ソフトウェアの制限をクリック アクティブ化ボタン 以下に示すように、作成したばかりのフローをアクティブ化します。
  • Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | 保存したフローのアクティブ化
    Salesforce から WP へのリアルタイム同期 | フローがアクティブ化されました
  • 流れが出来上がってきました。 選択した Salesforce オブジェクトからレコードを作成または更新することで、Salesforce から WordPress への同期をトリガーできます。

WordPress Object Data Sync for Salesforce プラグインは、Flow Builder 自動化を使用して、Salesforce から WordPress へのリアルタイム同期を容易にします。 このガイドに従うことで、Salesforce-WP 同期を目的としたフロービルダーの設定が完了しました。ルールを満たすオブジェクトを作成または編集すると、設定されたフィールドが WordPress と同期されるようになります。


その他のリソース


見つからないものをお探しの場合は、メールでお問い合わせください。 salesforcesupport@xecurify.com

お客様が Salesforce Sync プラグインとして Object Data Sync を選択する理由


24 / 7サポート

miniOrange は、すべての Secure Identity ソリューションに対して 24 時間年中無休のサポートを提供します。 お客様にご満足いただけるよう、質の高いサポートをお約束します。

登録する

ユーザーレビュー

お客様が当社についてどのように言っているかをご自身の目でご覧ください。
 


レビュー

豊富なセットアップガイド

簡単かつ正確なステップバイステップの説明とビデオにより、数分以内に設定を行うことができます。


デモ


当社は、シングル サインオン、XNUMX 要素認証、アダプティブ MFA、プロビジョニングなどのためのセキュア ID ソリューションを提供します。 までお問い合わせください。

 +1 978 658 9387 (米国) | +91 97178 45846 (インド)   salesforcesupport@xecurify.com

こんにちは!

助けが必要? 私たちはここにいます!

サポート
miniOrange サポートにお問い合わせください
成功

お問い合わせありがとうございます。

24 時間以内に当社からのご連絡がない場合は、お気軽にフォローアップ メールを送信してください。 info@xecurify.com